樫野倶楽部の世界

受け継がれる伝統と革新

樫野らしいということ。
それは、本物であるということ。
建物、調度品、庭園の随所に、
伝統や美意識、おもてなしの精神など
「美しい日本」のエッセンスを華やかに薫らせて
樫野倶楽部でしか味わえない、
非日常の感動体験をお届けいたします。

時代を超える建物

story-story-1

樫野倶楽部の主な施設の
ほとんどが、
江戸・明治・大正に建てられた
歴史的建造物を移築し、
リノベーションしたものです。
樫野邸の「観月台」や
「飴色ガラスのシャンデリア」など
当時の華やぎを今に伝える
設備仕様をそのままに、
現代にふさわしい
祝福の舞台が誕生しました。

本館 樫野邸 [旧樫野家邸宅]

大正時代に十年の歳月を費やし、贅を尽くして建てられた延床面積1,000平方メートルの大邸宅。
バンケットに輝く飴色のシャンデリアや、洋のテーブルセットが似合う貴賓室など、随所に大正モダニズムの優美が薫ります。
平成11年(1999)国の登録有形文化財指定。

story-story-1-kashinotei-1 story-story-1-kashinotei-2 story-story-1-kashinotei-3 story-story-1-kashinotei-4 story-story-1-kashinotei-5

和式場 和音 [旧北川家住宅]

琵琶湖の北に位置する長浜市より、大型トラック24台で運ばれた茅葺(かやぶ)き屋根の民家が、和の式場に生まれ変わりました。
江戸時代の庶民の暮らしを伝える、温もりある佇まいが印象的です。

story-story-1-waon-1 story-story-1-waon-2 story-story-1-waon-3 story-story-1-waon-4 story-story-1-waon-5

別邸 風雅庭 [旧武田家屋敷]

元の所有者である武田家は、名高い戦国武将の一人である武田信玄の流れを汲む一族。
建物が備える「名家の格式」と、「江戸期の武家屋敷」ならではの風格が、大切な晴れの日に華を添えます。

story-story-1-fugatei-1 story-story-1-fugatei-2 story-story-1-fugatei-3 story-story-1-fugatei-4 story-story-1-fugatei-5

風雅庭レセプションホール[旧土田家住宅]

滋賀県湖北地方に現存した約三百年前の民家を移築しました。
囲炉裏を備えた板の間が一つある以外はすべて土間というおおらかな間取りが、心広く人々を招き、あたたかくもてなします。

story-story-1-reception-hall-1 story-story-1-reception-hall-2 story-story-1-reception-hall-3 story-story-1-reception-hall-4 story-story-1-reception-hall-5

心遊ぶ調度品

story-story-2-1 story-story-2-2 story-story-2-3 story-story-2-4 story-story-2-5

唯美主義が花開いた
大正時代のモダンな色ガラス、
武家の気骨を語る、
堂々と逞しい大梁…。
時を超えた美が響きあう
空間にふさわしく、
調度品もアンティーク家具や
古美術品をセレクト。
現代アートをアクセントに、
「伝統」と「革新」が織りなす
美の遊びをお楽しみいただけます。

記憶の庭園

story-story-3-1 story-story-3-2 story-story-3-3 story-story-3-4 story-story-3-5

広大な敷地内に四季の美を描く
樹木・草花は約80種。
花咲く春、実りの秋はもちろん、
激しい夏や厳しい冬にも
趣き深い自然の姿は、
人生の歩みとどこか重なります。
大切な人と眺めた、
一生に一度の風景。
季節が巡り、
同じ花、果実を見るたびに、
幸せな記憶がよみがえることでしょう。