スタッフブログ

引出物の由来と意味

引出物はなんと、平安時代から現代まで続く習わしで、とても長い歴史があるそうです

古くは「ひいでもの」と呼ばれ、平安時代の貴族が客人へお土産として馬を引き出し贈ったことが由来だと言われています

また、「引く」という言葉は「長引く」につながっていて、結婚生活が長く続きますように、と願いを込めて昔から縁起の良いものとされていたそうです

時代により変化はあるものの、いつの時代も「幸せのおすそ分け」「感謝の気持ち」を込めて、その時代に合った「人々が喜ぶもの」「ある程度高価で縁起の良いもの」を参列者へ贈るのが好まれているようです

 

プランナー今津

 

プランナーと記念写真

先日ご紹介させて頂いた

拓生さん&由佳さん

 

 

洋装もとっても素敵でゲストの方々が高砂に集まられてました

arisa (23)

 

 

いつもゲストの方を優先にお写真を撮影して頂いてますが

タイミングが合えばプランナーとの記念写真も撮影して頂きます!

今回はご送賓の最後にプランナーと記念写真を撮影していただきました

 

arisa (24)

                 プランナー手塚

結婚式で心がけたいこと

人生の中で最も晴れやかで重要なお祝い事が「結婚式」です

結婚式とは”人生のけじめ”

またご両親を安心させる 感謝の気持ちを伝える

”親孝行”の場でもあります

そして大切な方々をお呼びしての結婚式だからこそ

失礼のないように心がけたいものです

 

しきたりとして代表的なものが数字です

お祝いごとには”二つに割れない”奇数が好まれています

子供の頃から親しみのある七五三や結婚式での三三九度など

人生の節目の行事には奇数が吉数と言われています

奇数は割り切れないから「分かれない」という縁起を担いでいます

 

お二人の大切なゲストの方々にも

幸せの環が広がっていきますように・・・

そんな一日のお手伝いをさせていただける

私どもスタッフはとても幸せです

精一杯お手伝いさせていただきます!

 

プランナー 坂井

 

厳かな人前式

9月10日 風雅庭にて

和装での人前式が厳かに挙げられました

拓生さん&由佳さん

 

カノンのチャペルでは白無垢がとても映えるのです

また透き通るような新婦様のお肌を

優しい天井からの日差しが照らしてくれてました

 

arisa (6)

 

 

和人前式では新郎新婦様の契りを交わす

誓いの盃の儀式を行いました

arisa (18)

 

とっても素敵な新郎新婦様

優しさがチャペルを包み込んでいました

 

 

 

                    プランナー手塚

 

水合わせの儀

秋晴れの風が心地よい季節

本日も樫野倶楽部ではご婚礼が行われております

 

樫野倶楽部の和装人前式では

「水合わせの儀」も人気です

 

水合わせの儀とは古来からの儀式で

新郎新婦の互いの実家の水を汲んできて

ひとつの杯に注ぎ合わせた水を飲む儀式

別々の水(環境)で育った新郎新婦が

それぞれの家風の違いを乗り越えて一つとなり

二人で新たな家庭・水・環境を築いていけるように

また両家がうまく合わさりますようにとの

願いが込められています

水は両家の母親が朝一番で汲んできたものを合わせるのが正式ですが

水だけでなく地酒を合わせたり応用はさまざまです

 

ご両家にとって想い出に残る素敵な儀式になりますように

 

プランナー 鈴木

打ち合わせ

9月に入り一気に秋らしくなりました

そんな今日この頃

打ち合わせにお越しいただいたお二人

10月の紅葉が美しい時期にご当日を迎えられます

当日のご準備は順調にすすみ

あとは素晴らしいご当日を待つのみです!

DSC_0260

いつも楽しくお話しをさせていただき

お二人とのお打ち合わせが終わるのは寂しいですが

ご当日はスタッフ一同、精一杯お手伝いさせていただきます!

 

またこれから秋のシーズンは樫野倶楽部の庭園が

とても美しく変化します

皆様どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ

 

プランナー 坂井