日本の結婚式

人の絆を結ぶ神事

二人の未来が幸せでありますように…
この愛が永遠に続きますように…
結婚式のスタイルがどんなに変わっても、
人々の願いは変わることはありません。
新郎新婦はもちろん、
二人を取り巻く人々の絆まで
重んじる日本の「結婚」。
伝統の衣裳や儀式に込められた意味、
それは美しく尊い「祈り」です。

白無垢

凛とした日本女性の美しさが際立つ白無垢は、日本伝統の挙式において、最も位が高い衣裳です。日本では古来より白は「神聖な光の色」として尊ばれ、主に神事に用いられて来ました。帯や小物まですべて白で統一されたお支度は花嫁の純真さ、清らかさを格調高く表現しています。

japanese-wedding-japanese-wedding-1-1 japanese-wedding-japanese-wedding-1-2 japanese-wedding-japanese-wedding-1-3

神前式

現在の神前式は、明治33年の大正天皇と九条節子姫の挙式に倣ったものと言われています。斎主によって執り行なわれる式は、修祓(しゅつばつ)の儀(お祓い)や祝詞奏上(神への報告)、三献の儀(夫婦の絆を結ぶ)などすべてが意味のある「神事」。人生の節目を清らかに寿ぎます。

japanese-wedding-japanese-wedding-2-1 japanese-wedding-japanese-wedding-2-2 japanese-wedding-japanese-wedding-2-3

家族の絆

結婚は家族の絆をも結ぶものであるという考えから、神前式には、新郎新婦のほかにそれぞれの家族・親族が列席。式の最後に行われる、親族盃(しんぞくかためのさかずき)の儀(列席者全員で御神酒をいただき、絆を固める儀式)は、2つの親族がひとつの大きな家族になることを象徴する儀式です。

japanese-wedding-japanese-wedding-3-1 japanese-wedding-japanese-wedding-3-2 japanese-wedding-japanese-wedding-3-3

「和婚」回帰

現代の日本では、神前式以外にも教会でのキリスト教式、人前式、オリジナル婚などが選べますが、最近は、新しい人生に向けて、心を引き締めるにふさわしい厳粛な雰囲気にひかれて、「和婚」に回帰するカップルが増加。日本文化に関心の高い海外のカップルからも注目が集まっています。

japanese-wedding-japanese-wedding-4-1 japanese-wedding-japanese-wedding-4-2 japanese-wedding-japanese-wedding-4-3