料理

自然と美意識の豊かな調和

2013年、和食は
「和食;日本人の伝統的な食文化」として
「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。
明確な四季があり、
多様な自然に恵まれた国土で育まれた、
日本人の「自然を尊ぶ」という気質。
自然に寄り添って育まれた日本の食文化には、
先人の暮らしの知恵と、職人たちの技、
そして繊細な美意識が盛り込まれています。

「五」の知恵

cuisine-cuisine-1-1 cuisine-cuisine-1-2 cuisine-cuisine-1-3

「健康食」という概念がなかった時代から、日本人は五味「酸、苦、甘、辛、鹹(かん=塩味)」、五法「生・焼・煮・蒸・揚」、五色(の食材)「赤・緑・黄・白・黒」を組み合わせることで、バランスのとれた食生活を実践してきました。和食を「世界の健康食」たらしめた、先人の知恵のひとつです。

技術を「隠す」

cuisine-cuisine-2-1 cuisine-cuisine-2-2 cuisine-cuisine-2-3

和食には「隠し味」(旨味に奥ゆきを持たせる味付け)や「隠し包丁」(表に見えないように切り込みを入れ、食べやすくしたもの)などの調理技術がたくさんあります。手間と時間をかけていることを、あえて「見せない」美学。「素材を生かすシンプルで美しい料理」は、高度な調理技術の賜物なのです。

美を食す

cuisine-cuisine-3-1 cuisine-cuisine-3-2 cuisine-cuisine-3-3

握り寿司ひとつにも、美しい形を求める。一回の食事に、大小さまざまな形の器を使いこなす。飾りとして添えた季節の草花、鶴や亀の縁起物に形を模した野菜、細やかに細工された食材…。器にも、食べ物にも美意識を宿らせる日本独自の感覚は、今なお和食を洗練させ、進化させ続けています。