スタッフブログ

梨宮・秋・結婚披露宴

今秋、結婚式を、挙げられる新郎様新婦様と

初めてお目にかかり、お打合せを、させて頂きました。

3_7W3A6244

観月邸梨宮を、ご利用下さるお二人です。

1回目の、お打合せは、ただただお二人から、

お話を、お伺いするだけです。

7W3A0061-2

梨宮、エントランスに置いてある家具は、昭和初期の品です。

こちらの家具にも、梨宮に置かれるまでに、物語があります。

人・物・事、全てに物語があり、

お二人の物語を、お伺いする時間が、とても大好きな時間です。

そして、良い結婚式を、一緒に考えていくにあたり必要な時間と思っています。

7W3A0112

月に、お一組だけ担当させて頂いておりますが、

7月・8月は、担当させて頂く事が、なかったので

また、担当させて頂く秋が、楽しみです。

 

マネージャー 佐藤えみ

 

和と円(コンセプト)の親族婚

和は 日本の和・家族の和・人の和

円は 繋がる・おだやか・やわらかな・まるい

お二人との初めてのお打合せの日

その日は、ただただ色々お話を 伺いました

おふたりが お帰りになられた後 とても穏やかなあたたかな気持ちでした

そんな気持ちに ご親族の方々になっていただける事が

きっと お二人の望んでられる事

 

 

unnamedunnamed

ウエルカムの お飲物は

ご縁結びの和三盆とお抹茶(私もお茶を たてました)

あ~美味しいとの声に安堵感

 

unnamed

挙式のリハーサルでは 親御様・御兄弟が にぎやかに写真タイム(喜びがチャペルの中いっぱいでした)

お式は 厳粛にキリスト式

 

unnamed

新緑に合わせた色彩と 竹で創られた和

 

nice (45)

一品目の お料理の器はお月様

板長からのお料理案内と キャプテンからのお飲物案内

ゲストの皆様から拍手を ありがたい事に頂きました

お食事を しながらお二人から ご親族紹介

 

unnamedunnamed

お色直しの入場はアコーデイオンとバイオリンの生演奏

そのまま お二人は ご親族の皆様のテーブルにご挨拶

写真撮影 会話を 楽しまれました

その間 皆様は生演奏とお食事を 楽しまれました

unnamed

ご挨拶を 終えて高砂に戻ってこられたお二人も

1曲演奏を 楽しまれました

お二人からのリクエストは 花束を君に

演奏中 新郎様は 目をつぶって聴かれていらっしゃったのが印象的でした

デザート時は お二人からアイステイーの実演サービス

私も 一緒に作ったので写真が撮れず・・・美味しいと評判いただき安堵感

 

unnamed

親御様への記念品は 無垢の木で出来た繋がる三連時計

お二人の お人柄が そのまま反映された時間と雰囲気でした

 

 

unnamed

お父様は 新婦様が20才の時に天国に召されました

成人式の前日 お父様から残りわずかしか生きられない事を 告げられたそうです

だから 明日の成人式は 大人になると言う事を 自覚して出席してほしい

お父様は 人生の節目に 今想えばたくさんの言葉を 言ってくださったそうです

そんなお父様からの言葉とお父様を 強く想いだされた準備期間だった事と思います

 

華美な事はせず お越下さった皆様に 楽しんでいただきたい

もてなしたい・・感謝の気持ちを伝えたい その気持ちだけ

 

おめでとうございました

お二人の 幸せを 心から願います

そして ありがとうございました

 

マネージャー 佐藤 えみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おもてなしの家族と親族だけの結婚式

お二人

柔らかで 幸せいっぱいの穏やかな笑顔のお二人。

マラソン・山登り・ジム通いと 共通の趣味。

ご両親共に マラソン・山登りと趣味が一緒。

出逢うべきして出逢ったお二人。

そんなお二人が 選んだ結婚式・披露宴は

ご親族だけで和やかに・・・。

 

挙式雅楽

雅楽演奏の中 入場。

dns (75)

結婚式は 厳粛に神前式。

dns (116)

お式が 終わった後は お庭で生演奏の中

お写真タイム。(この日は桜が満開でした)

新郎様新婦様は あちらこちらと引っ張りだこ。

 

披露宴は お食事・お飲物と お二人からのおもてなし。

静岡県ご出身の新郎様。

徳島県ご出身の新婦様。

両県の食材を 使用しました。

dns (161)  

板長が 新鮮食材を 皆様に ご案内です。

磯自慢三芳菊

日本酒も それぞれの地酒を ご用意。

ケーキ

オリジナルウエデイングケーキ。

sannkusu

サンクスバイト (今までありがとう)

ラストバイト・ファーストバイトと続きました。

dns (279) 肉

お肉料理は 皆様の目の前で実演料理。

こちらも 静岡牛と阿波牛です。

お二人から皆様へ。

ご親族の皆様との 会話 ご挨拶 

ありがとうございますを 沢山伝えられたお二人でした。

 

新郎様の お父様は ギターの弾き語りで3曲披露。

ご自身で 作詞作曲を された曲もありました。

皆が聞き入り 新郎様の涙が印象的でした。

 

新郎様力作の フォトムービ。

始終笑顔で 過ごされた新婦様のお父様が

新婦様の お生れになられた写真が映し出された瞬間に

涙されました。

お色直しで 新婦様と入場された時も 明るく冗談で終始笑顔。

こらえていた涙に もらい泣き。

 

結婚式の日が 近くなりお打合せにお越しになられ

お帰りの際 しだれ桜を 

当日咲くかな~と

いつも見上げてられたのも

少しでも ゲストの皆様に楽しんで頂きたいから・・・

願い叶って咲いた桜。

皆様の 笑顔と涙と 愛情に溢れる時間でした。

心から願います。

お幸せに。

 

マネージャー 佐藤えみ

 

 

 

 

 

福だるま・縁起だるま・高崎だるま

新郎様の 出身地群馬県の名産品。

高崎だるま。

 

unnamed

受つけで、芳名帳代わりに お名前とメッセージ。

ウエデイングケーキ入刀の代わりに だるまに目入れ。

「寿」の文字と お二人のお名前も 書かれています。

最近 だるまさんに めったに出会う事がないので

とても新鮮でした。

 

unnamed

そして 新婦様が折られた鶴。

挙式が 終わりゲストの皆様から

フラワーシャワーの代わりに鶴。

新婦様の おばあ様が鶴を手にしながら

あの子が 一生懸命折ったと思ったら

涙が出てきた・・と 仰っていました。

色んな方々の ふとした言葉を お伺いする度に

あたたかな気持ちにさせて頂いております。

そして おばあ様は 樫野邸の家主の樫野石灰さんにお勤めされてたとの事。

ご縁を 感じうれしく思いました。

 

マネージャー 佐藤えみ

 

 

 

 

少人数の結婚式会場梨宮

2年前にオープンした梨宮。

7W3A0680

玄関には 着物の掛下で、創ったのれんが掛けられています。

季節によって 色が変わります。

映画「大奥」で 女優さんがお召しになられている着物を

手掛けてらっしゃる山口織物さんに 創って頂きました。

 

7W3A0096

玄関には屏風絵。

しだれ桜と月が描かれています。

日本の花 さくら

梨宮のモチーフ 月

この屏風絵は 京都の骨董どうりで ひとめぼれした作品です。

そして 偶然にも 徳島県日和佐町出身の画家さんが 描かれた作品でした。

 

マネージャー 佐藤えみ

ご親族だけのあたたかな結婚式

新緑と青空とそよ風が

そよぐ

穏やかな本日。

IMG_0268

挙式会場に、向かわれるご親族の皆様です。

青空に顔を、覗かせている

かやぶき屋根が、挙式会場(和音)

すてきな風景だったので、思わず撮影してしまいました。

IMG_0270

会場内も、天窓から光が入り影がゆらゆらしています。

IMG_0271

ゲストの皆様から見える風景は

高砂に座られるお二人と

やわらかな木々とお花。

外の風景に、とても交わっている会場装花。

IMG_0273 (1)

こちらは、タイムカプセルキャンドルです。

ゲストの皆様に、メッセージを、記載頂きます。

メッセージを、タイムカプセルに入れて、キャンドルの中に。

新郎様新婦様が、キャンドルに火を灯し1時間おいておくと

タイムカプセルは、ロウで封印されます。

結婚記念日ごとに火を、灯しキャンドルの中のタイムカプセルが

現れるのは、10年後。

10年後、ご家族で、

お食事を、しながらキャンドルに火を灯しメッセージを

見ながらお祝いされる・・なんていうのもいいですね。

 

そして本日も、心あたたまる風景を、目にしました。

新婦様の、お二人の妹様が、ご披露宴で入場された

お姉様の姿を、見るなり涙されていた姿。

うれしくて涙される、風景に心あたたまりました。

 

マネージャー 佐藤 えみ

 

 

梨宮の酒器(能作)

日本の伝統工芸の、美しさ。

雑誌、和楽や家庭画報、婦人画報に掲載されている工芸品数々。

毎月、うっとりしながら紙面を、眺めております。

 

unnamed

梨宮で、冷酒を、召し上がって頂く際、使用している酒器のひとつです。

富山県高岡市、株式会社 能作 は、大正5年に錫を、用いて仏具製造を始めました。

内側に金を、貼っている酒器は、日本酒がやわらかな味になります。

そのままで、召し上がりたい時は、錫の器で。

 

そして、今では、風鈴。

a (23)

インテリア雑貨、テーブルウエアーなど商品数は沢山です。

a (21)

これからの季節。

風鈴は、引き出物に、おすすめです。

なんとも、涼やかでやさしく可憐な音色に、心癒され音色で涼がとれるお品です。

 

より能(よい)い錫物を、より能(よ)く作る。

高岡の地で、人に愛され地域に誇れるものづくりを、目指してられる

能作さんの商品を、全て引出物で取り扱わせて頂いている事が、

ちょっぴり自慢でございます。

 

マネージャー 佐藤えみ

 

 

 

こだわりの梨宮お飲物

新郎さま、新婦さまが、ゲストの皆様に召し上がって頂く

お料理の試食会が、先日行われました。

 

大きなお皿に、何種もの魚料理が、盛られている中の

一品金目鯛に引き寄せられました。

IMG_0108

脂がのって、なんとも美味しそうでした。

 

お料理への関心は、皆様真剣に考えられますが、

相棒のお飲物は、忘れられがちです。

美味しいお料理に、美味しいお飲物。

IMG_0107

自分で言うのもなんですが、

相当なこだわりのラインナップです。

観月邸梨宮の、カクテルは全てオリジナル。

月光・新月・月ノ鏡・月ノ都・雪月花。

昨今、大人気です。

梨宮サービスキャプテンのアイデアで、登場したカクテルです。

試食会の時は、お飲物を、デイスプレイしていますが

結婚式の日も、同じようにしたい!!とのお声を

たくさん頂いています。

全ての、お飲み物に物語があるんですよ。

梨宮に、お越になられた際、聞いてみてくださいませね。

 

マネージャー 佐藤えみ

 

 

 

梨宮だけのオリジナル茶

日本茶は、お飲みになられますか?

昨今、フランスお料理店で日本茶を、提供されるお店が

少しずつ増えてきました。

アルコールを、お飲みになられないお客様に、

何かワインのように、お酒を、お飲みになられているかのように

提供出来るお飲物はないかな~?と、辿り着いたのが日本茶でした。

 

a (29)

早々に、本屋さんで日本茶の本を、購入し読んでみたところ

奥の深さに、簡単に扱えない事を、知る事となります。

日本茶を、提供されてらっしゃるお店を、訪ね歩き辿り着いたのは

櫻井倍茶研究所。

 

店主の櫻井真也さんは、時代を切り拓くブレンド茶の異端児。

お店もさることながら、日本茶の文化を、追求してらっしゃる覚悟を、感じ

この方にお願いしたいと強く思いました。

 

お目にかかり梨宮オリジナル茶葉が、完成。

a (31)

今や日本で大人気、品切れ続出の

阿波番茶と

日本の代表花 桜と

梨宮の梨を

ブレンドし出来上がった梨宮オリジナル茶葉です。

家族婚、ご家族での会食中、会話話題のひとつになれば・・

 

IMG_0101

お帰りになられてから、もう一度想い出して頂きたく

引き出物も、作ってみました。

                   マネージャー 佐藤えみ

 

 

梨宮の中での物語

3_7W3A6244

観月邸 梨宮。

梅林だった樫野倶楽部の敷地に、梨宮は2年前誕生しました。

親族だけでの結婚式を、したいんです。

そんな言葉を、多く聞くようになりました。

土曜日・日曜日に承れる結婚披露宴は、40名様から。

ご予約を承れるのは、当日の3ヶ月前から空いている日程で。

何かがおかしい・何かが違う・

何故、少人数の結婚式は後回しなの?

そんな疑問から、思いきって梅林を、伐採しました。

 

7W3A0112

梨宮入口にある、つくばい。

今日も、お客様を、お迎えしております。

日本の大切な物・事・伝統・文化を、継承しながら

本来の結婚式の意味を、私達は追求していこうと思います。

梨宮にある、しあわせを、今日からブログに綴って参ります。

ご覧になって頂ければ幸いです。

                        マネージャー 佐藤えみ