スタッフブログ

1年に1度の祭典 ブライダルEXPO開催

7月28日(日)10:00~18:00 アスティ徳島さんで開催される

ブライダルエキスポ2019に樫野倶楽部もブース出展致します!

 

スタッフとの相談会・ウエディングドレスも和装も一度に見られる、迫力満点のブライダルファッションショー・ビューティー体験・ワークショップ・演出体験等

結婚を考えている方にも、結婚はまだまだという方にも楽しんでいただけるイベントです!

徳島の他人気結婚式場もブース出展しております。エキスポご来場者様限定特典もございますので

皆様この機会にぜひ足を運んでみてください。

omote

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様のご来場、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

ディレクター:佐野

幸せの使者来場

風雅庭の見回りをしていると

「ん・・・? 岩の位置が変わっているような・・・」と見ると
DSC_1248

 

 

 

 

 

なんと亀が遊びに来ておりました

DSC_1250

 

 

 

 

 

 

古くから『鶴は千年 亀は万年』と言われるように

寿命が長くおめでたいことで例えられる亀ですが

白無垢や色打掛などのお柄にも亀の甲の亀甲紋様は

よく使われております

 

亀の甲(六角形)が崩れない連続模様で永遠の繁栄を願ったものとされております

和婚をお考えの皆様に喜んでいただいている樫野倶楽部に

幸せの使者が来場し皆様の繁栄をスタッフ一同お祈りいたしております

 

支配人 岡田

7/7(日)には七夕限定試食・特典付きフェアを開催

日本の歴史と伝統を感じていただける樫野倶楽部にも

実はチャペルがございます!

S_nice (93)

大庭園の中に凛と佇む和と洋の要素が融合し、まるで森の中にいるようなチャペル「カノン」で

ウエディングドレスまたは白無垢での挙式をご希望される方も多くいらっしゃいます。

木のぬくもり・天井の窓から降り注ぐ自然光が新郎新婦様の晴れ姿をさらに美しく、神秘的に魅せてくれます。

洋装も和装も着たい!という花嫁様にもご満足間違いなしの、

披露宴会場もモダンさを取り入れ最先端の和婚をご提案させていただいております。

7/7(日)には七夕限定試食・特典付きフェアを開催致します。

費用や演出等ブライダルに関する相談会もございますので、

3600坪の広大な庭園散策を楽しみながら結婚準備を進めましょう!

ご予約はお電話(088-699-1007)もしくは

HP:フェア予約はこちらから

他式場予約サイトからお受けしております。

皆様のご来館を、樫野倶楽部スタッフ一同心よりお待ちしております。

令和カラーをご存知ですか?

新時代「令和」がスタートし、元年の結婚式を検討されてる方も多いのではないでしょうか?
そんな新元号とともに「令和カラー(慶祝カラー)」が発表されたのをご存知ですか?

ダウンロード
「自然の美しさを愛でる日々が続くように」という願いを込めて、
春の訪れを知らせる日本の代表的な花の色が選ばれたそうです。

令和婚はやっぱり和婚で!というお声をお伺いすることも。

樫野倶楽部には、令和カラーのお衣裳が似合う、広大なガーデン、歴史ある邸宅があります。
お越しの際には、ぜひ心地よい異空間をご体感ください。

◆菫カラーイメージの色打掛

nice! (172)

◆梅カラーイメージのドレス

nice (247)

■おすすめブライダルフェア■
6/16(日)和洋まるごと体感フェア開催
・樫野倶楽部の空間に合う、「令和カラー」を取り入れた衣裳展示
・和の板長と洋のシェフが贈る、和洋食べ比べ料理試食
・3600坪をまるごと会場見学
詳しくはこちらから
http://www.kashino.jp/lp/

伝統の衣装で

過ごしやすい春があっという間に過ぎて

 

蒸し暑くなってきましたね

 

 

春に結婚式をしてくださった

 

HIROMICHIさん&YURIYAさんのご結婚式をご紹介させて頂きます

 

現代風にレース仕立ての角隠しを身につけ

 

日本伝統の白無垢で挙式を挙げられました

 

IMG_9274_

 

 

新婦様ご家族はウクライナ刺繍が施された

 

伝統衣装を身にまとわれ結婚式にご参列してくださいました

 

ガーデンでの結婚式にとても映えていらっしゃいました

 

IMG_9293_

 

この場所なら と決めてくださった 

 

風雅庭ガーデンでの結婚式

 

桜が咲いて綺麗な時期で

 

バージンロードにもたくさんお花をご用意してくださいました

 

 

IMG_9350_

 

ご友人様と妹様にはお揃いのブレスレット

 

可愛いブレスレットですが そこには深い絆が伺えます

 

IMG_8043

 

 

結婚式以外のお話もたくさんさせて頂き 楽しい時間を過ごさせて頂きました

 

これからもお二人の事を応援してます

 

お幸せに♡

 

プランナー手塚

樫野庭園物語

6月に入りそろそろ徳島も梅雨入りのようですね

この時期ならではのお花と言えば紫陽花

結婚式での会場装花にも人気の紫陽花

小さなお花が沢山集まっていることから

『家族』『団欒』などの花言葉がついているようです

 

樫野倶楽部のお庭に咲く紫陽花も少しずつ開花の準備を始めているようです

樫野邸玄関前の紫陽花の様子です

DSC_1255

玄関前はあと少しで開花予定です

 

樫野邸玄関から小道を通っていくと少しずつ咲いてきております

DSC_1254

 

さらに奥に進んでいくと『タマアジサイ』の開花が始まってます

DSC_1256

DSC_1253

 

これから1ケ月くらい樫野邸小道は紫陽花ロードとなり来ていただいた皆様を楽しませてくれます

色とりどりの紫陽花を見に樫野倶楽部へお越しくださいませ

 

 

支配人 岡田

四季と伝統

樫野倶楽部 樫野邸 会場装花が新しくなりました。

3600坪という広大な敷地を持つ樫野倶楽部では、様々な実のなる植物が各所で皆様をお出迎えしています。”皆様の人生が実りあるものとなるように”と思いが込められていて、本日から樫野邸の装花はその思いに基づき、”実りある人生”という花言葉を持つブルーベリーの実、徳島の伝統を感じていただけるよう藍色のお花で披露宴会場を彩っています。

unnamed

 

会場コーディネートのナフキン・クロス・会場装花が決まると、披露宴のイメージもしやすくなり、

よりご当日が楽しみになります!頼れる樫野倶楽部専属ウエディングプランナーと一緒に

最高の結婚式を実現させませんか?

 

ディレクター 佐野

 

 

大正浪漫 樫野倶楽部 大博覧会

4月14日に樫野倶楽部では3回目になる大博覧会を行いました

今年は~History~というテーマを元に

樫野邸では~継承~

風雅庭では~未来へ~

をイメージした挙式、会場設えを行いました

 

まずは樫野邸です

S_nice (192)S_nice (260)

黒の振袖を着用した花嫁様が花嫁行列で入場し

和音の会場で琴を使用した人前式を行いました

今では和婚式といえば白無垢というイメージが定着しておりますが

江戸時代後期から昭和初期は黒の本振袖が一般的な婚礼衣装でした

S_nice (60)S_nice (73)

会場の設えは高貴な紫の花をメインに使用いたしました

 

次は風雅庭です

S_nice (93)S_nice (214)

カノンでは濃紺のバージンロードをひいて大人カッコイイチャペルを演出しました

少し近未来っぽい個性的な大人っぽいドレスでのキリスト教式を行いました

S_nice (110)S_nice (115)

会場の設えは大人カッコイイイメージで花は白を基調とした凛とした会場を創りました

 

写真を見てお気づきの方もいたかもしれませんが

樫野邸では紫をテーマカラーのメインに設定いたしましたので振袖の帯揚げにも紫をリンク

風雅庭では花とドレスは白にしましたが紺をバージンロードとナフキンに使用しリンクさせました

 

また今後SNSやブログでも他の色んな写真を掲載できればと思っております

ご期待ください

 

プランナー 木崎

樫野庭園物語

4月も後半になり樫野倶楽部は新緑のお庭へと変化しております

この季節一番見頃を迎えているのが風雅庭レセプション前の藤棚

DSC_1213

 

藤の花言葉は『優しさ』『歓迎』

頭を下げながら美しい姿でお客様を迎える姿勢からついた花言葉ですね・・・

 

「下がるほど人が見上げる藤の花」ということわざもあるように

謙虚でいるほどその立派さがたたえられる藤の花

奥ゆかしさを感じる藤の花は5月頭まで楽しんでいただけます

 

DSC_1221

 

またたおやかに垂れる花姿から藤を女性に例える習慣があり

打掛や振袖の図柄に使われることも多い藤は

和婚を考えている方にもピッタリです

GW中にブライダルフェアにお越しの皆様風雅庭レセプション前の

藤のお花をご覧くださいませ

 

支配人 岡田

和婚セレモニー

樫野倶楽部では、洋装・和装どちらの挙式も叶えられます。

 

最近、白無垢や色打掛を着ての挙式”和婚”をご希望される新郎新婦様も多くいらっしゃいます。

神前式は「家と家の繋がりを大切にする」ため基本的にご親族のみで神殿での挙式、三々九度(さんさんくど)や玉串礼拝(たまぐしれいはい)といった儀式を行います。

人前式は「ゲストの皆様に結婚の証人」となっていただくためご親族・ご来賓・ご友人皆様にご覧いただける挙式で、式の進行は新郎新婦様とウエディングプランナーで決めていきます。

 

衣裳に関してもウエディングドレスはベール・グローブ・ブーケと必要なものが想像しやすいですが、

実は和装の小物にも種類や意味があり、それに合わせたセレモニーを行います。

胸元に差し込む懐剣(かいけん)は、昔武家の女性が護身用に持っていた短剣です。

「邪悪なものを寄せ付けない」「自分の身は自分で守る」という意味があり、

人前式の際はベールダウンの代わりに、入場前にお母さまから懐剣を胸元に差し最終の身支度を整えていただく”懐剣の儀”を行います。

2018.12.08・鯉スウ・カ・槫翠蟯。讒倥そ繝ャ繧ッ繝・025

今まで大切に育てられた娘様の幸せを心から願い、目に涙を浮かべながらも嬉しそうに微笑むお母様と

「今まで育ててくれてありがとう」と感謝のお気持ちを伝え、新郎様の元へと歩んで行かれる凛とした新婦様の姿を、ゲストの皆様も温かく見守られています。

 

小物の色や柄の組み合わせもお着物に合わせてお選びいただけますので、自分だけの和装アレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

ディレクター佐野