スタッフブログ

五月晴れ

樫野邸は屋外での神前式も 

この時期オススメでございます

image1 (22)

 

image1 (24)

五月晴れの中 心地よい風の中

唯一無二の神前式が

ここ樫野倶楽部にあります

 

支配人  青山哲治

 

おもてなしの家族と親族だけの結婚式

お二人

柔らかで 幸せいっぱいの穏やかな笑顔のお二人。

マラソン・山登り・ジム通いと 共通の趣味。

ご両親共に マラソン・山登りと趣味が一緒。

出逢うべきして出逢ったお二人。

そんなお二人が 選んだ結婚式・披露宴は

ご親族だけで和やかに・・・。

 

挙式雅楽

雅楽演奏の中 入場。

dns (75)

結婚式は 厳粛に神前式。

dns (116)

お式が 終わった後は お庭で生演奏の中

お写真タイム。(この日は桜が満開でした)

新郎様新婦様は あちらこちらと引っ張りだこ。

 

披露宴は お食事・お飲物と お二人からのおもてなし。

静岡県ご出身の新郎様。

徳島県ご出身の新婦様。

両県の食材を 使用しました。

dns (161)  

板長が 新鮮食材を 皆様に ご案内です。

磯自慢三芳菊

日本酒も それぞれの地酒を ご用意。

ケーキ

オリジナルウエデイングケーキ。

sannkusu

サンクスバイト (今までありがとう)

ラストバイト・ファーストバイトと続きました。

dns (279) 肉

お肉料理は 皆様の目の前で実演料理。

こちらも 静岡牛と阿波牛です。

お二人から皆様へ。

ご親族の皆様との 会話 ご挨拶 

ありがとうございますを 沢山伝えられたお二人でした。

 

新郎様の お父様は ギターの弾き語りで3曲披露。

ご自身で 作詞作曲を された曲もありました。

皆が聞き入り 新郎様の涙が印象的でした。

 

新郎様力作の フォトムービ。

始終笑顔で 過ごされた新婦様のお父様が

新婦様の お生れになられた写真が映し出された瞬間に

涙されました。

お色直しで 新婦様と入場された時も 明るく冗談で終始笑顔。

こらえていた涙に もらい泣き。

 

結婚式の日が 近くなりお打合せにお越しになられ

お帰りの際 しだれ桜を 

当日咲くかな~と

いつも見上げてられたのも

少しでも ゲストの皆様に楽しんで頂きたいから・・・

願い叶って咲いた桜。

皆様の 笑顔と涙と 愛情に溢れる時間でした。

心から願います。

お幸せに。

 

プランナー 佐藤えみ

 

 

 

 

 

徳島のブランド牛

コース料理の一品一品は実に華やかな料理ばかりで、どの料理にもメイン食材を楽しめるものばかりです。

その中でも、お肉料理が一番好きな私ですが(笑)

樫野倶楽部のお肉料理には、徳島のブランド牛である「阿波牛」を提供させて頂いております。

徳島で愛情をうけ育ち、上位等級のランクのお肉がブランド化され「阿波牛」としております。

樫野倶楽部ではその中でもA5ランクの「阿波牛」を使用しております。

※実際に捌いた断面※

IMG_0062
肉質はまろやかで甘みのある柔らかい霜降り肉となっております。

70年前の花嫁様 ご来館(おかえりなさいませ)

先程、70年前に樫野邸でご結婚式をされた

花嫁様が樫野倶楽部にお見えになりました。

image1 (18)

真ん中のおばあさまが当時19歳で、この樫野邸でご結婚式を挙げられたそうです。

御年89歳。

当時はご自宅で結婚式をされることも多かった時代で

樫野邸の建物の大きさ規模を考えると適した場所だと考えられます。

右側の娘様も子供のころ、広大な樫野邸を毎日遊び場として走りまわってたとの事で

当時を懐かしく感じて頂く事が出来ました。

また、当時の樫野邸の事を沢山教えて下さいました。

今は県外在住でなかなか来徳出来ませんが

またお会いできる事をスタッフ一同、楽しみにしております。

いつでも樫野邸へおかえりくださいませ。

支配人 青山哲治

 

福だるま・縁起だるま・高崎だるま

新郎様の 出身地群馬県の名産品。

高崎だるま。

 

unnamed

受つけで、芳名帳代わりに お名前とメッセージ。

ウエデイングケーキ入刀の代わりに だるまに目入れ。

「寿」の文字と お二人のお名前も 書かれています。

最近 だるまさんに めったに出会う事がないので

とても新鮮でした。

 

unnamed

そして 新婦様が折られた鶴。

挙式が 終わりゲストの皆様から

フラワーシャワーの代わりに鶴。

新婦様の おばあ様が鶴を手にしながら

あの子が 一生懸命折ったと思ったら

涙が出てきた・・と 仰っていました。

色んな方々の ふとした言葉を お伺いする度に

あたたかな気持ちにさせて頂いております。

そして おばあ様は 樫野邸の家主の樫野石灰さんにお勤めされてたとの事。

ご縁を 感じうれしく思いました。

 

プランナー 佐藤えみ

 

 

 

 

少人数の結婚式会場梨宮

2年前にオープンした梨宮。

7W3A0680

玄関には 着物の掛下で、創ったのれんが掛けられています。

季節によって 色が変わります。

映画「大奥」で 女優さんがお召しになられている着物を

手掛けてらっしゃる山口織物さんに 創って頂きました。

 

7W3A0096

玄関には屏風絵。

しだれ桜と月が描かれています。

日本の花 さくら

梨宮のモチーフ 月

この屏風絵は 京都の骨董どうりで ひとめぼれした作品です。

そして 偶然にも 徳島県日和佐町出身の画家さんが 描かれた作品でした。

 

マネージャー 佐藤えみ